医学史

11件の商品がございます。
西洋産婦人科翻訳書集成 第II巻

西洋産婦人科翻訳書集成 第II巻

販売価格: 25,000
◎撒氏産論(ゴットリープ・サロモン 著、矢田部 卿雲 訳、1845)、◎撒羅満氏産論抄書(ゴットリープ・サロモン 著、伊古田 純道 抄訳)、◎帝王截開術実記(伊古田 純道 著、1852)、◎ケーズルレイキの話(伏屋 素狄 口授、1805)、◎紅毛医術(吉雄 耕牛 著、合田 強 筆記)
数量:
歯科医学史

歯科医学史

販売価格: 25,000
古代から現代までの、西洋・日本の歯科医学史を体系的に叙述。
数量:
頓医抄・万安方

頓医抄・万安方

販売価格: 60,000
頓医抄・万安方
梶原性全 撰
数量:
『有林福田方』

『有林福田方』

販売価格: 38,000
有林福田方
有林 著
〈1987/昭和62年12月刊行〉
B5版・1100ページ・上製・函入

室町時代の代表的な医書。南北朝時代に南禅寺の禅僧「有隣(有林)」によって書かれた医学書。全12巻。
数量:
中国医学史〔全〕

中国医学史〔全〕

販売価格: 25,000
古代から現代までの中国医学の歴史を編年体で叙述。索引を付し、原文を併載。
数量:
『日本医薬随筆集成』

『日本医薬随筆集成』

販売価格: 25,000
江戸時代のあらゆる分野の医薬に関する記事を秩序だてて編纂。文芸書から始まり、本草・料理・歴史・食物書、地誌等の豊富な書目を渉猟し、重要な事項のみを抜粋した資料集成。事項・人名・文献索引を付し、研究の便に供す。
数量:
支那中世医学史

支那中世医学史

販売価格: 6,800
支那医学が隆盛を極めるようになったのは、漢代に入ってからであり、その後の唐代医学は、わが国奈良時代医学に大きな影響を及ぼしている。本書は、その漢代から隋・宋・元にいたる支那中世の医学の歴史を、豊富な文献を駆使。
数量:
無私庵雑記

無私庵雑記

販売価格: 2,200
〈1982/昭和57年9月刊行〉
服部 敏良 著
B6・上製・箱入・298ページ
数量:
『日本医学史研究余話』

『日本医学史研究余話』

販売価格: 5,800
わが国医学史研究の第一人者である著者が、四十年にわたる本邦医学史研究を通してまとめた精緻な研究論文・明快な人物評論・軽妙な医史随想などを集大成。豊富な文献に基づき、上古より明治期までの各時代の風潮、事件、主要人物などをピック・アップし、医学的見地から解明する。医学関係者はもちろん、歴史、文学の研究者にも必携の名著。
数量:
日本婦人科学史

日本婦人科学史

販売価格: 15,000
『日本産科学史』の姉妹篇にあたるもので、神代から明治末期までの婦人科学史を、国文学、日本史学、民俗学、医学等の知見を統合して克明に叙述。石原力博士により、解題、索引等を付す。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
日本産科学史

日本産科学史

販売価格: 48,000
『日本産科学史』
〈1980/昭和55年10月刊行〉
緒方 正清 著・石原 力 解題
B5版・上製・布装・貼箱入・2,220ページ・別冊付録付
数量: