近世絵図地図資料集成 第25巻 尾張(4)
商品コード: ISBN978-4-7603-0382-3 C3325 ¥250000E

近世絵図地図資料集成 第25巻 尾張(4)

販売価格:
250,000円    (税込:275,000円)
2020年12月刊行予定(予約募集中)
【フル・カラー版、本体価格25万円】
④⑤丹羽・丹羽郡村邑全図(200枚)
⑦海西郡村邑全図(93枚)

寛政時代に、尾張藩の命により作成された尾張国の村邑絵図(各郡約60箇村)をフル・カラーで再現し、当時の地誌的情報(人口、面積、石高、家畜の頭数など)を豊富に記載

The Collected Maps and Pictures Produced in Yedo Era-----Second Series (Full Coloured Edition)
近世繪圖地圖資料研究会 編
(Edited by The Society of the Study of Maps and Pictures of Yedo Era)
A2版・袋入・限定100部・分売可
本体価格 250,000円
  • 数量:

内容の紹介

本地図集成(第II期)の特色

(1)江戸時代の政治・経済・文化・地誌・學問を研究するための基本資料集成----基本資料としての江戸時代に製作された地圖群を網羅して集大成。さらに、世界圖や日本圖も整理・分類して、あらゆる研究に活用できる内容構成とした。

(2)丁寧でかつ精密な編纂方式を採用し、フル・カラー版で複製----原圖の内容水準を確保し、閲覧と研究を容易にするために、A2版のフル・カラーで複製。日本全國を國別に分類・整理して、地方史研究にも対応できるものとした。フル・カラーのために、地圖上の詳細な情報を容易にかつ正確に把握が可能。

(3)さまざまな分野で活用できる基本的な資料集成----地圖學のみならず、日本史學、日本文學、民俗學、民族學、地理學、経済學、政治學、土木工學、河川工學、建築史學、環境學、気象學などのあらゆる學問分野で活用が可能。

(4)日本及び世界の地圖製作の歴史が俯瞰できる充実した内容と構成----繪圖・地圖に含まれている豊富な情報量を解析し、その理解を容易にするために、レヴェルの高い書誌情報と、緻密な構成の解説を掲載。これにより、天正年間以降に作成された地圖群の詳細な内容(年記、圖幅名称、編者等、発行者、寸法、形式、所蔵機関請求記号、備考など)と、その発展の歴史が一覧できる。収録する資料は、日本(國立國会圖書館、國立公文書館、都道府県区立圖書館、博物館、大學圖書館など)、海外(米國議会圖書館、フランス國立圖書館、大英圖書館、UCLAルドルフ・コレクション、ブリティッシュ・コロンビア大學ビーンズ・コレクションなど)の地圖群を網羅・整理。

(5)斬新でかつ独創的な編集方針----関東地方の江戸時代以降の発展の歴史を三大水系(荒川水系、多摩川水系、利根川水系)を基軸にして分類し、さらに解析するなどの独創的な手法を採用し、既存の學問方法をさらに発展させた編集方式を提示。

おすすめしたい方々

大學・公共圖書館、博物館、文書館、大學研究室(日本史學、日本文學、経済學、政治學、民俗學、民族學、地理學、地圖學、土木工學、河川工學、建築史學、環境學、気象學など)、地圖愛好家

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。